【ついにルビーチョコレート使用!】ローソンの贅沢チョコレートバーの新作がどこまでも贅沢。

ウチカフェ 贅沢チョコレートバー 華やぐルビーチョコレート 徹底解説実食レビュー
あいすの子
あいすの子

アイス界にもルビーチョコレートの時代がやってきました~

スポンサーリンク

ローソン ルビーチョコレート使用 贅沢チョコレートバー 実食レビュー

ローソンさんの贅沢チョコレートバーシリーズといえば、贅沢チョコレートバー濃密ピスタチオが近年大ヒットして、一時期売り場から消えた?という声もあったとか。再販も何度かされており、また発売されるのを心待ちにしている方も多いのではないでしょうか!

他にも、チョコミント抹茶など人気度の高いフレーバーが発売されてきました。

そして、今回の新作はなんとチョコレート業界で注目されている「ルビーチョコレート」を使用した一品!
どんな仕上がりになっているのでしょうか?早速レビューしていきます!

UchiCafe(ウチカフェ) 贅沢チョコレートバー 華やぐルビーチョコレート

2021年2月16日発売
※ローソン限定・全国
で発売
215円(税込)
70ml
ロッテさん販売
冨士食品工業さん製造
アレルギー(27品目):乳製品・大豆

商品詳細は以下になります。

稀少なルビーカカオの、華やかな酸味と香ばしいカカオ感が楽しめる贅沢なチョコレートバーです。ベルギー産チョコに、ルビーチョコレートを合わせ、隠し味にピスタチオを加えたこだわりの一品です。

https://www.lawson.co.jp/recommend/original/detail/1425332_1996.html

ルビーチョコレートだけでなく、”ベルギー産のチョコレート”隠し味に”ピスタチオ”というパワーワードが入っていて、なんだかただものではなさそうな、一品、、、(笑)

そういえば、ルビーチョコレートとはどんなチョコレートなのでしょう?味ってどんなのなの?と改めて少し調べてみると。。。

ルビーチョコレートとは?

ルビーチョコレートとは、その名の通りルビー色(ピンク色)をしたチョコレートです。
ダークチョコ、ミルクチョコ、ホワイトチョコに次ぐ第4のチョコレートと近年注目を集めています。

ルビー色ですが、一切着色料が使用されておらず、ルビーカカオ豆内に天然に存在する独特な成分によりその色が生まれているんだそうです!
また、”ルビーカカオ豆”があるのではなく、ルビーチョコ独特の風味と味のもととなる前駆物質を自然に含んでいるものがルビーカカオ豆であり、、、

これは、スイスに本拠を構えるチョコレートの製造・販売を行う「バリーカレボー」が、10年の月日をかけ発見し、2017年に発表されました。
同社独自のノウハウでルビーカカオ豆かどうか選別されているそうです。

味わいは、ベリーのような酸味とフルーティーさがあるのが特徴です!!
(フルーツフレーバーの添加などは一切されずとも、この味わいがあるということですよ!)

値段を楽天で見てみると、カレボー社の製菓用ルビーチョコレート(カカオ分32.5%)は1.5キロで5,940円で売られていました。同社の製菓用クーベルチュールチョコ(カカオ分54.5%)は、カカオ含有量が多くて同じ1.5キロで3,996円 なので、やはりルビーチョコレートはちょっと高いようですね。

あいすの子
あいすの子

長くなりましたが、食べてみましょう!さあ、味わいはいかに!?

見た目はイチゴチョコレートのよう!

開けてみると、きれいな薄ピンク色をしていて、何も言わずに見るとイチゴチョココーティングされているアイスのように感じます。
ちなみに、使用されているチョコレートはすべてベルギー産のようで、ルビーチョコレートもベルギー産とのことです。しかし、ルビーチョコレートは1%使用とのことなので多少は着色料の影響もあると思われます。

フルーティーな香りがふわ~!

一口食べてみると、チョコレートコーティングはパキッと音がするくらいの厚みがあり、くちどけとともにフルーティーな香りと、まさにベリーのような酸味がふんわりと感じられました!!
香料なども使用されているため、100%ルビーチョコの味わいではないかもしれませんが、、
ベリー系はもちろんのこと、フルーツの使用も一切なされていないのに、このフルーティーさ
これがルビーチョコなのか!と感動。

そして、中のチョコレートアイスはしっかりと濃密で、このシリーズ特有のもったりとした口当たり
隠し味のピスタチオの影響でしょうか。チョコの深みだけでなく、後口にふわっとナッツ由来の旨味を感じ、このチョコアイスがかなり美味しいです!!!

時間差で感じるチョコのおいしさ♪

チョココーティング部分に、少し厚みがあるので中のチョコアイスと周りのチョココーティングのくちどけに若干ラグがあるんですよね。
そのわずかな時間差がまた、このアイスのポイントでもあるのかな。と個人的に感じました。

中のチョコアイスが濃厚な分、ルビーチョコの味わいがより華やかに感じる一方、チョコとベリー系の掛け合わせがあまり好きではない方や、濃厚”チョコレート”を求めてるときには、少し物足りないチョコ感になってしまうかもしれませんので、その点は注意です。

気になるカロリーは?

カロリーは1つあたり220Kcalと、このシリーズのほかのフレーバーと同じくらいですね。
アイスミルク規格でも、このまったりとした満足度はやはりチョコレートとナッツの濃密さでしょうね~!!

あいすの子
あいすの子

数量限定×ルビーチョコなので、注目度も高いはず!
気になる方はなくならないうちにぜひ!!


訳アリでおとくなルビーチョコレート!
ちょっと食べてみたい!という方は、こちらで挑戦してみるのもいいかもしれません!

コメント

タイトルとURLをコピーしました