パピコ史上初!梅酒を使ったパピコがコクうま~!~過去の梅アイスもご紹介♪~

レポート
あいすの子
あいすの子

大人~な味わいのアイスクリームです♪

スポンサーリンク

パピコ初! 梅酒使用のパピコ 実食レビュー

パピコといえば、先日野菜を使ったパピコをご紹介したばかりですが、ほかにも気になる素材が使用された商品が発売されています!

それがこちら。

パピコ 大人の梅ジェラート

2020年3月30日発売
180円(税別)
※スーパーで購入
江崎グリコさん販売

商品詳細は以下になります

「パピコ〈大人の梅ジェラート〉」は、素材そのものの味わいがしっかり濃い、大人のための濃厚ジェラートです。
発売45年目になる「パピコ」ブランドとして初の「梅酒」を使用した※商品で、まるで梅酒をスムージーにしたような大人の味わいをお楽しみいただけます。果汁・ピューレ・梅酒すべて紀州産南高梅を使用し、コク深く濃厚で、
とろける甘さに仕上げました。あとくちはすっきりで夜のデザートにもぴったりです。

江崎グリコさんニュースリリースよりhttps://www.glico.com/jp/newscenter/pressrelease/29997/

パピコは今年で発売45周年。
そんなロングセラーだけど、”梅酒”を使用するのは史上初とのこと!!
これは、食べずにはいられませんね!

さっそくオープン!

香り高く、滑らか食感♪

開けてみると、色はパッケージの絵と同じような、淡いクリーム色といった具合でしょうか。
使用されている南高梅が、しっかり完熟した状態の色を柔らかくしたような色合いですね♪

一口食べてみると、とろけるようななめらかな食感とともに、梅酒の薫りがふわ~っと広がります。
梅酒の味わいはしっかりありながらも、アルコールのツンとするきつさは全く無く、梅酒の美味しい風味だけいただいているような、とても心地よい甘さなんです!!

豆知識
使用されている南高梅とは、梅の最高級ブランド
国内の梅の生産の6割を占める和歌山県を代表する品種でもあります。
皮が薄く、種が小さく、果肉がやわらかい点
・完熟してから収穫されるため、フルーティーで香りが高い点

といった特徴があり、梅酒やジュース、お菓子にも使用されています!

飲むように、食べれてしまう、、、

食感もしゃりしゃりは全くなく、とろ~んとした”とろける”の表現がぴったりなジェラート食感。
柔らかい味わいながらも、コクがあり絶品。
驚くほど、飲むように食べれちゃって1本あっという間になくなりました。

私はお酒が弱いのですが、それでも違和感なく美味しく頂けましたよ。
アルコール分は0.6%含まれているのでお子様や全く駄目だ~という方は、ご注意くださいね。

カロリーはこちら

1本あたり、100Kcalちょうどです。
2本食べても、うめチューハイ(350ml)一本と同じくらいのカロリーですかね。
また、梅果汁・果肉は5%。アルコールは0.6%です。

あいすの子
あいすの子

二本食いしちゃおう。。。。!


ここからは過去に発売された、梅を使ったアイスを紹介します♪

過去に発売された 梅のアイス

コメント

タイトルとURLをコピーしました