冬のチョコミント!ローソン限定 薫るチョコミントアイスバーを実食レビュー

レポート
あいすの子
あいすの子

1月終わりですが、ローソンさんから今年も冬のチョコミントアイスが発売されました~!

スポンサーリンク

ローソン限定 薫るチョコミントアイスバー 実食レビュー

UchiCafe SWEETS 贅沢チョコレートバー 薫るチョコミント

2020年1月28日発売
198円(税込み)
ローソン限定
富士食品工業株式会社さん製造
218Kcal

「初摘みペパーミント」とフランス産「クーベルチュールチョコレート」を使用した、贅沢な味わいのチョコミントバーです。

ローソン HPより  https://www.lawson.co.jp/recommend/original/detail/200128_215476.html

2年前からこの時期になると、ローソンさんがチョコミントアイスバーを発売してくださいます♪
「初摘みペパーミント」を使用しているから、この時期の発売なんでしょうね。

パッケージの説明によると、「初摘みミント」とは、その年の花が咲く前に最初に刈ったミントで、雑味の少ない香りが特徴。とのことです。アメリカの大地で育ったミントを使用しているらしいですよ。

クーベルチュールチョコ使用のチョココーティング♪

周りは、クーベルチュールチョコを使用したチョコレートでコーティングされています。
クーベルチュールチョコとは、製菓用のチョコレートのことで、カカオバターの含有量が多くコーティングなどに用いやすいさらっとしたチョコレート。
薄くコーティングが可能なため、チョコレート界ではチョコレートの周りをコーティングするのによく使用されています。

冷凍庫から出したてだと、ぱきっとした口当たりですが、口の中で優しくとろけます。少し全体的に柔らかくなってくると、より、口どけがよくなりますよ。
使用されているクーベルチュールチョコは、フランス産のものが2%と書いてあり、少ない?と思ってしまいますが、そう思わせない上品な味わいです♪

透き通ったようなミント色のチョコミントアイス

アイス部は、the水色!って感じのチョコミントの色ではなく、少し薄めの水色。
こちらペパーミント由来何だろうな。と思う自然な甘さと爽快感を感じます。
あまり人工的な甘ったるさを感じず、優しく鼻に抜ける爽快感が心地よい。
雑味のある味、ない味について知識があるわけではないですが、パッケージに書いてあった、「雑味が少ない」について、納得できるような気がします!

マイルドなあと口は、まさに冬のチョコミントアイス

アイスの爽快感あとに周りのチョココーティングのビターな甘さがじんわりと広がっていき、あと口はマイルドな甘さで終わるのが、冬のチョコミントらしさを醸し出しています。
ちょっとリッチな気持ちになれる、チョコミントアイスでした。

去年と違う?

ちなみに、一昨年と去年はこんな感じのパッケージでした。
今年は「薫るチョコミント」としてリニューアルされているので、味わいも変わっているのか?気になるところです。

2018年発売
2019年発売

また、去年と栄養成分を比べてみると、若干カロリーが上がっていますね。

去年 213Kcal
今年 218Kcal

正直、大きな味の違いはありませんでしたが、今年のほうが若干アイス部のミント感が爽やかに感じられて、ミルク感由来の甘さが控えられているかな。と感じました。

どちらにしても、この時期のチョコミントアイスはチョコミン党にとってうれしい発売&ペパーミント感を楽しめるアイスバーなのは変わらないです!
チョコミン党の皆様は、ぜひローソンへ行ってみてくださいね☆

あいすの子
あいすの子

ローソンの贅沢チョコレートバーシリーズは、ほかにもいろんな味が発売されてきました。よかったらこちらのまとめも覗いてみてください☆


素材にこだわり、丁寧に作られたアイスクリームを提供しているHio ICECREAMさん。
バレンタインの期間のギフトボックスはなんとチョコミントフレーバーも!!!
是非、この機会に味わってみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました